雇用保険の番号

雇用保険には、自分の番号というものがあります。
雇用保険の被保険者証に記載されていますが、この番号は各被保険者に割り振られている専用の番号で、転職や再就職をしてもこの番号は変わりません。

雇用保険の番号と社会保険の番号が同じと思っている方もいらっしゃるようですが、そもそも管轄もシステムも違うので、まったく別の番号になります。

一度でも雇用保険に加入したことがあるのなら、自分の番号が存在します。
ただし、番号の保有期限は7年間とされています。
前の離職から7年以上たって再就職する場合は、自分の番号がなくなっていることもあります。
この場合は、新たな番号を交付してもらうことになります。

雇用保険の番号が必要になってくるのは、失業給付の時以外にも、再就職の時にも必要になってきます。
再就職しても番号は変わらないので、新しい就職先から雇用保険に再加入するために、番号を聞かれることも多いです。
この時に被保険者証などを紛失していて「あれっ?自分の番号が分からない」ということのないように被保険者証は大切に保管しておきましょう。

雇用保険の番号がわからない、被保険者証を紛失してしまったという場合には、新しい会社を通して再交付の手続きもしてもらえます。
場合によっては「自分で番号を調べてきてください」といわれるかもしれません。
このときは、ハローワークで調べることが可能です。

雇用保険の番号を調べるには?

多くの場合、雇用保険の番号がわからなくても再就職した会社で手続きを行ってもらえます。
ハローワークへは、雇用保険被保険者証の番号が空欄のままで加入手続きの届出がされます。
ハローワークは同一人物を調べ、一致した場合はそのまま交付がなされます。
同姓同名や同生年月日で人物の一致が難しい場合は、会社側に前歴などの照会がなされることもあります。
一致しなり場合は、新しい番号が交付されます。

雇用保険の番号を自分で調べる場合は、身分を証明できるものを持参して調べてもらうことができます。
以前勤めていた会社の名前と勤めていた時期がわかっていれば、なお簡単です。


ページトップへ

フッターメニュー

Copyright © http://koyo-hoken.com/ All Rights Reserved.